【独身アラサー女性の第一歩】”30 is not the new 20.” 30歳は20代の幕開けとは違う。

【Mon.】30代は自分に投資
Pocket

30歳が来る!あなたは、20代の頃に思い描いていた30歳になれていますか?

初めまして!Remiと申します。このサイトにお立ち寄り頂き、本当にありがとうございます。

こちらは30代を迎えたハイブランドで働く独身女が、自身の人間としての価値を高めるために一日一つ、身になる記事を更新するサイトです。

私は変に明るいくせににHSP気質でミニマリストです。おまけに変に真面目なくせに不器用だったり、活発なのかと思いきや根暗で時々ダークサイドに落ちたり。要は、ややこしい人間なのです。

20代は、ハイブランドで働き有り難いことにVIPやセレブリティの担当となり、本当に貴重な経験を沢山させてもらいました。家族とも今でも仲が良く、友人にも恵まれて、更に当時は実家暮らしで遊び回って散財の日々、、でもこれも、若いうちにしかできない楽しい日々でした。

さて、現実に戻り、ついに30歳が来る。

あなたは、20代の頃に思い描いていた30歳になれていますか?望んだように、生きられていますか?

私は全くです。中途半端なお給料で、20代前半の後輩に若いっていいなあ〜羨ましいなあ〜なんてめんどくさい絡みをしてから、普通にちょっと凹んでます。

今は一人暮らしなので帰宅したら下着一丁でダラダラして、NetflixとYoutubeを見て、Instagramで子育てが大変そうな友人の投稿を見て、偉いけど私には無理だな、一人の時間が居心地良すぎるし、自由な時間を取られたくないわ〜なんて思ったり。

実際母になる経験をしている友人は皆、心身共にとっても成長しているのに。

繰り返します。30歳が来る。あなたは今まで何を築き上げましたか?

30代の幕開けは、あの頃のキラキラした20代の幕開けとは全く違うもの。

みなさまの中に、もし私と同じようにこのまま20代の延長でダラ〜っと30歳を迎えようとしているかたがもしいらっしゃったら、一日一つ、一緒に学びませんか。気持ちを共有しませんか。

これは、今とても有名なスピーチの一部からの引用です。

30 is not the new 20, so claim your adulthood, get some identity capital, use your weak ties, pick your family. Don’t be defined by what you didn’t know or didn’t do. You’re deciding your life right now. (30歳は20代の幕開けとは違うのです。もう大人であるという事を主張し、自分のアイデンティティを資産にしてください。SNSなどのぼんやりとした社会的繋がりを見直し、家族を選んで下さい。自分が知らなかったことやしなかったことで自分を定義しないでください。皆さんは今まさに自分の人生を決めているのです。)



Meg Jay
Why 30 is not the new 20 | Meg Jay

せっかくなら、これからは失われる若さを嘆くのでもなく、見栄を張るためのお洋服やブランド物ばかりにお金を使うのではなく、見た目も中身も含めて自分の価値を上げるためにお金を使いませんか。

自分という存在を、一番資産価値が高いものにしませんか。

本当に素敵な人は、全身プチプラだろうが高級ブランドだろうが関係ありません。それを身に着けている本人が輝いているからです。無駄なものも持っていません。本当に良いものを見極める目を持っています。

“What to wear (何を着飾るか)” ではなく、”Who to wear (誰が着飾るのか)”なのです。ハイブランドで働き日々お金持ちのVIPに囲まれている私が言うのだから、少しは説得力があるかもしれません。

そして彼らは心に自身と余裕があるからこそ、見知らぬ人にも見返りを求めることなく平等に優しいのです。

30歳を、20代の延長ではなく自分を見つめ直す素晴らしい第一歩にしよう。

このスピーチとの出会いを機に、少しずつだけど、私は自分と向き合うことにした。

まずは自分自身と自分の周りを整理するために、ミニマリストになった。

そうしたら、今の自分に本当に必要なものが見えるようになった。心のSOSに耳を傾けられるようになった。今もまだ自分のことが好き、とは言えないけれど。成長としている感覚は感じられるようになった。

20代はいっぱい浪費して、いっぱい必要な遊びを経験した。それに後悔なんて無い、だって20代の特権だから。それから、沢山悩んだ。見た目も中身も綺麗な人たちに囲まれていたからこそ、自分の醜さが辛かった。でも、いつも人にだけは恵まれていた。

他人に「私を幸せにして!」なんて求めるのはナンセンス。

“私”の価値を決めるのは、肩書きでも、お洋服でも、周りと比べた絶対評価指数でもない。

“私”と一生付き合っていくのは私なんだから、”私”が私を幸せにしなきゃいけない。「なんで私を幸せにしてくれないの!」と他力本願なんて、悲しいだけ。

The most important relationship is with myself. Because the relationship with myself, you are the only person that is responsible for your own happiness. And I don’t wanna put that kind of  burden on my husband or children, because that’s not fair. You cannot depend on other people to make yourself happy, YOU need to make yourself happy. (最も大切な人間関係は、自分との関係。だって自分だけが自分の幸せに対して責任を負うわけだから。この責任の重荷を旦那や子供達には負わせたくない。だってフェアじゃないでしょう。誰かに頼って幸せにしてもらおう、なんて違う。あなた自身があなたを幸せにしなきゃ。)

Valeria Lipovetsky

30歳が来る。ここからは自分に投資しよう。一日一つずつ、人間的に豊かになるために。

死ぬときに、今まで付き合ってくれてありがとうね、と自分の体にお礼を言えるように。

30代は、自分に投資しよう。だって今日が人生で一番若い日なんだから。

そして今日が残りの人生の、最初の日なんだから。

★ご覧下さりありがとうございました。もしこの記事に共感してもらえたら、シェアして頂けると幸いです。みなさまにとって今日が素敵な一日となりますように。

タイトルとURLをコピーしました