【ハイブランドで働くミニマリスト】まずはベッドとテーブルを、ON / OFF 切り替えの相棒にしよう。

【Thu.】ミニマリストの愛用品
Pocket

ハイブランドで働くミニマリスト

なんとも矛盾したタイトルで始まりましたが、私はミニマリストです。

ただ、ミニマリズムを極めている方々に比べれば、私の家にははるかに沢山モノがあると思います。私にとってのミニマリズムは、本当に良いもの一つずつを、長く大切に使う。というスタイルです。そのためであれば多少価格が高くても、望んで買います。

本当に良いものを一つずつ大切に使う価値観は、ハイブランドで働いたことが大きく影響していると思います。自身が働くブランド以外のブランド品でも、ハイブランドのものは色々愛用しています。正直値段は高いです。でも、その製品を職人さんが愛情込めて縫い目の一つ一つを手作業で作っていたり、長年愛用する中でレザーに味が出てより愛着が湧いたりと、一緒に過ごす中で本当に心から愛着が湧くからです。

なので基本的に死ぬまで使うつもりで、良いものを購入します。最終的には値段の元が余裕で取れるくらいには。

それに加え、今や有名になったスティーブ・ジョブズなど世界を代表する経営者たちの考え方で、「モノを少なくして選択肢を無くせば、決断するために無駄に脳を使う必要が無くなる。」というのもまさにその通りで、例えばお洋服選びも同じパターンで固定しておけば朝起きてから仕事に行くまでに無駄な動きが無くなるし、家を出てからコーディネートを改めて見てあーだこーだ悩むこともありません。(体型に合うお洋服選びに時間を割くくらいなら、Tシャツとデニムでもそれなりに締まるようにジムで筋トレしてボディラインを整えるほうがよっぽど良いです。)

ちなみに毎日色々なスタイルのオシャレコーディネートで出勤している同僚などは、素直に尊敬します。本当に才能だと思うし、ズボラな私には絶対にできないことなので、、!

ミニマリストになろうと思ってなったのではなく、気づいたらなっていた。

さて、話は戻って今回は第一回目のミニマリストに関するトピックなので、私がミニマリストになった経緯を少しお話します。

結果から言うと、私は何かの本に影響されたわけでもなく、子供の頃からモノを捨てるのが好きで気づいたらミニマリストになっていました。

私は極端な性格で、何かを集めるなら全部集めて綺麗にコレクションしたいし、反対に掃除や整理整頓をするのであれば納得行くまで徹夜だろうが関係なくしてしまう性格でした。

それに加えHSPで普段から周囲の物音や人の話し声、視界から入ってくる様々な情報が人より気になってしまう私にとって、モノが置きっぱなしになっている→そのモノの住所がある場所へ返さないといけない、と、グルグル考えてしまう性格でした。自分が楽になるために、自分の周りのモノを減らして必要なものだけを残していった結果、ミニマリストになっていたのです。

あくまでも、自分が余計なことを考えず心地よく過ごせるかどうか、が大切だと思います。

まずはベッドとテーブルを、ON / OFF 切り替えの相棒にする。

もし私と同じような性格でミニマリストになりたいと感じている方、またはミニマリストまでとはいかなくとも精神的に安心できる空間にしたい、と考えている方がいらっしゃれば、”ベッドとテーブルを、ON / OFF 切り替えの相棒にする。”という第一歩が効果的だと個人的には思っています。

  • テーブル

まずテーブルは基本的には何も起きません。置いてもティッシュとリップクリームやハンドクリーム、そのくらいです。

そして自分を”ON”モードにしてくれる場所にするのです。

何も無いテーブルの上は、どんな作業をするにも良き相棒になってくれます。食事をするならダイニングテーブルに、PC作業をするなら作業台に、メイクをするならドレッサーに。

終わったらテーブルの上はまた何も無い状態にする。そうすると頭の中もリセットできて、メリハリのある生活を過ごせます。

  • ベッド

ベッドは、自分を”OFF”モードにしてくれる場所です。

ベッド周りも同じく、基本的にはモノは置きません。私の場合、時計とその時に読んでいる本をベッドサイドに1冊、以上です。

このようにすることで、ベッドに入る = 今日やることはもう終了した、と脳が認識してくれて、心地よく眠れます。もちろん本を読む以外にベッドからNetflixを見たり、携帯をいじってしまうこともありますが、やはりそういった脳への刺激なくスムーズにベッドに入った日の方が、明らかに睡眠の質がよくなります。

そして、テーブルもベッド周りもスッキリさせることで、改めて自分が所有しているモノの整理も同時にすることができミニマリストへ一歩近づきます。

モノ以外にも減らすと楽になるものがたくさんある。

私が減らしているものは、他にも色々あります。

最近話題になっている”デジタルミニマリスト”とまではいかなくともスマホのアプリで使っていないものは定期的に削除したり、スマホに登録されている連絡先を見直したり。(それぞれまた今後深く掘り下げてご説明できればと思います。)

今日、お伝えしたいこと。

まず、ミニマリストになる大前提として「カッコいいと思われたいから」とか、「今なんだか流行っているから」とか、そういった理由では正直意味がありません。あくまで自分を取り囲む環境をより居心地の良いものにするための、手段の一つです。

繰り返しにはなりますが、ミニマリストへの第一歩をお考えの方はまず、”ベッドとテーブルを、ON / OFF 切り替えの相棒にする。”というところから始めてみては如何でしょうか。

今回の内容が、少しでもみなさまのより良いライフスタイルにお役に立てば嬉しいです。

★ご覧下さりありがとうございました。もしこの記事に共感してもらえたら、シェアして頂けると幸いです。みなさまにとって今日が素敵な一日となりますように。

タイトルとURLをコピーしました